吾妻連峰
一切経山


登山日
2011−09−09(金)

福島と山形の境に吾妻連峰があり、その中の1山、一切経山へ登って来た。

磐梯吾妻スカイラインの浄土平登山口より登った。浄土平は天文台ビジターセンター等があり、駐車場も広い。

ビジターセンターの横に登山道があり初めは平坦な道である。一切経山の肩の部分へ行く登山道は、有毒ガスのため登山禁止。したがって酸ヶ平経由のコースを登った。

ガレた急な坂を登り切ると、木道になり鎌沼分岐に出る。ここを右へ行き直ぐ
酸ヶ平避難小屋に着く。トイレ休憩をして小屋の左の登山道を行く。

少し行くとガレた急登の道があり、そこを登ると登山禁止の右からの道と合流する。このころから道は緩やかになりそれが山頂まで続く。

山頂を少し行ったところからエメラルドグリーンの五色沼よく見え感激した。山頂からは磐梯山、安達太良山、吾妻小富士が良く見え大変すばらしかった。

下山は酸ヶ平(すがだいら)分岐を右に行き、鎌沼一周コースの遊歩道に入った。名前の通りに鎌の形の大きな沼だが水深は浅い。東吾妻山分岐を左に取り、姥ヶ原分岐を目指して木道を行く。姥ヶ原の分岐を左に行き、池が終わり道は急な下りとなる。朝の分岐を過ぎ道が平らになると、浄土平登山口の駐車場に到着した。

花はハハコグサ、オヤマリンドウ、ゴゼンタチバナ、シラタマノキ、コケモモの実、アキノキリンソウ、マイズルソウの実、等夏から秋の花が咲いていた。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
浄土平登山口発  6:55
酸ヶ平避難小屋 7:40〜7:50
一切経山 8:25〜8:40
酸ヶ平避難小屋  9:05
姥ヶ原分岐  9:45
浄土平登山口着 10:25

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
スカイライン道路上
にサル
浄土平駐車場 浄土平
ビジターセンター
登山口は木橋を
渡って入る
登山道は広く歩き易い
sl sl sl sl sl
最初の分岐通行禁止
は直進
酸ヶ平(すがだいら)
分岐
右に一切経山を
見ながら登る
登山道から浄土平と
吾妻小富士を望む
登山道はガレた
上りになる
sl sl sl sl sl
酸ヶ平手前の石ゴロゴロ
の登山道
階段状の木道登山道 登山道は傾斜が
緩くなる木道
鎌沼分岐を右へ行く 酸ヶ平避難小屋に到着
sl sl sl sl sl
登山道から鎌沼を望む 通行禁止道との合流
を左へ行く
一切経山手前の歩き易い
登山道
一切経山道は平で
広々している
一切経山山頂にて
sl sl sl sl sl
神秘的な五色沼 山頂より磐梯山
ズームアップ
遠くに安達太良山 吾妻小富士/安達太良山
をバックに
吾妻小富士を望む
sl sl sl sl sl
下山道から遠くに
磐梯山を望む
鎌沼分岐を右へ行く 鎌沼遊歩道を行く 姥鎌沼が見えてきた 鎌沼遊歩道を行く
sl sl sl sl sl
東吾妻山を望む 鎌沼のカルガモ 振り返ると一切経山
が見える
東吾妻山分岐を
左へ行く
姥ヶ原の紹介
sl sl sl sl
浄土平地区案内 姥ケ原への遊歩道 姥ヶ原分岐 浄土平への下山道

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
メイゲツソウ シラネニンジン シラタマノキ クロマメノキ コケモモ
sl sl sl sl sl
ゴゼンタチバナの実 アキノキリンソウ オヤマリンドウ マルバシモツケの実 マイズルソウの実
sl
チングルマ綿毛 ヤマハハコ アカモノの実