会津
会津駒ヶ岳


登山日 2012−08−30(木)

福島県南会津の盟主とも言われている会津駒ケ岳に登って来た。前日に檜枝岐村の民宿に入り一泊した。

朝、朝食のおにぎりを作っていただき出発。R352から駒ケ岳登山口の看板がある林道に入り、10分ほど走ると登山口の駐車場に到着する。登山準備して登山開始した。

急な斜面にかけられ、た本の階段を登って、いよいよ本格的な登山逗に入って行く。はじめはカラマツ林の中をゆるやかに登るが、次第に急なジグザグの登山道になる。しばらく急登が続き、やがて傾斜がゆるくなるころ水場入口に着く。

水場入口から少し登ると傾斜は次第にゆるくなってくる。やがてところどころぬかるみがあらわれ、木道が出てくると樹林帯も終わりである。木道の左右には湿原が見られ、「駒ノ小屋」までならだかな木道が見える。木道の周辺にはイワショウブ、オヤマリンドウ、オトギリソウ、チングルマの胞子、アキノキリンソウなど初秋の花が咲いている。

駒ノ小屋周辺にはベンチがあり、一休みした。駒ノ小屋から駒ノ大池を右に見て木道を行き、中門岳と会津駒ケ岳の分岐を右折し、木道を急登すると会津駒ケ岳山頂である。

山頂は背丈ほどの笹に囲まれている。展望は生憎のガス模様で見えなかった。下山路は往路を戻った。

天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
登山口発   5:05
水場入口   6:45
駒ノ小屋   8:30
会津駒ケ岳 8:50〜9:05
駒ノ小屋 9:25〜9:35
水場入口 10:40
水場 10:45
水場入口 10:50〜10:55
登山口着 12:00

登山道の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
登山口林道入口
(右折)
登山口 広く平らな登山道 山頂まで4.1km 石ゴロゴロの
登山道
sl sl sl sl sl sl
大ナメクジ 水場入口 木の根が張り出した
登山道
登山道からの景色 階段状の登山道 平らな木道
sl sl sl sl sl sl
少し上っている木道 目指す会津駒ケ岳 緩やかな木道の登山道 駒ノ小屋への
最後の登り
sl sl sl sl sl sl
池塘と花畑 会津駒ケ岳への
分岐
駒の小屋 会津駒ケ岳への
木道
木道を右折し登る 急登の木道
sl sl sl sl sl sl
山頂手前の木道 会津駒ケ岳に到着 山頂パノラマガイド 会津駒ケ岳山頂にて 下山は往路を戻る 駒ノ大池で休憩
している団体さん
sl sl sl sl sl sl
会津駒ケ岳に向かう
団体さん
駒の小屋から往路を下山 池塘を見ながら
下山
ここまで下ると
登山口は近い

花の写真 写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl sl
ツリフネソウ ツクバネソウ ツルリンドウ マイズルソウの実 ツバメオモトの実 ユキザサの実
sl sl sl sl sl sl
サンカヨウの実 アキノキリンソウ ゴマナ イタドリ ハリブキ シラネニンジン
sl sl sl sl sl sl
ミヤマコウゾリナ タカオトギリ タケシマランの実 アカモノ ミヤマホツツジ イワショウブ
sl sl sl sl sl sl
ハクサンフウロ チングルマの胞子 アザミ イワイチョウ ヒメシロネ
sl sl sl sl sl sl
ホソバノキソチドリ ワタスゲ ノコギリソウ ノギラン キンコウカ オニスゲ
sl sl sl sl sl sl
クロマメノキ クモニガナ ヤマブキショウマ オヤマリンドウ トリカブト ホツツジ
sl sl
ヤマハギ ソバナ オオカメノキ

檜枝岐村の屏風岩の写真写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl