宮城
栗駒山

登山日 2013−10−08(火) 宮城県の代表的な山「栗駒山」へ登ってきた。一関の宿を朝出発し、登山口である「いわかがみ平」に車を走らせた。道は全舗装で民家を抜けると勾配がきつくなり、高度をどんどん上げて登山口の「いわかがみ平」駐車場に到着した。時間が早いので駐車場は未だ十分空いていた。

登山準備をして早速登山開始。東栗駒コースの登山道入口は、駐車場のすぐ上のレストハウスに行く道の途中から右に入る。最初は涸沢のような溝状で、ところどころ水溜りのある登山道を緩やかに登っていく。少しすると潅木の間から山頂が見えかくれし歩きやすくなる。道は右に下りやがて明るいナメ状の清流が続く新湯沢に着く。沢の中を100mほど登り、沢を渡り右に入る。

道は低木の中を緩やかに登り、東栗駒山が前方に出てくると木はなくなり見通しがよくなる。ここまでくると栗駒山山頂に通じている登山道が良く見え、登山者がありの行列のようだ。周りは紅葉が一面にあり素晴らしい景観である。

東栗駒山を過ぎて歩きやすい道を行くと、道は土留めの枕木のある階段状の急登となる。我慢して登り左から中央コースの道が合流し、最後の急登を登りきると栗駒山山頂に到着した。

山頂は反対側の須川コースからの登山者も多く、大変賑わっていた。栗駒山標柱の前で記念撮影をし、紅葉を眺めながら昼食をとり下山に取り掛かった。

下山は中央コースを下る。山頂からしばらく階段の道が続く。中央コースからの紅葉も素晴らしく、しばしば足を止めカメラのシャッターを切る。こちらのコースのほうが傾斜がなだらかである。道はやがて玉石を埋め込んだような石畳の道から、石を並べたようなごつごつした道になる。

下山途中単独、グループ又、30人程の団体登山者にもすれ違い、大変人気の山である。駐車場は満車であった。麓で車からシャトルバスに乗り換え来る人も大勢いた。

麓の新湯温泉「くりこま荘」で入浴後(500円)、仙台の松島観光をしてから帰宅予定。
天候 晴れ
同行者 夫婦
行程
いわかがみ平登山口発 07:50
新湯沢 08:35
東栗駒山 09:10
裏掛分岐 09:30
栗駒山山頂 10:00〜10:30
いわかがみ平登山口着 11:35

 写真をクリックすると大きくなります
森 森 森 森 森 森
いわかがみ平
駐車場
駐車場から左へ行く 登山口は右に入る 足元の悪い登山道
森 森 森 森 森 森
道は少し歩き易く
なる
新湯沢沿いに上る 気持ちの良い新湯沢 沢の大石の上を渡る オヤマリンドウ 新湯沢の端を上る
森 森 森 森 森 森
新湯沢を向こう岸
に渡る
水量の多い沢である 紅葉と栗駒山 紅葉の中を登る 東栗駒山を望む 登山者の列が見える
森 森 森 森 森 森
岩の間をぬって上る 栗駒山山頂 道はガレているが
平坦である

ハイマツの中を登る 道は広く歩きやすい
森 森 森 森 森 森
道は広く歩きやすい 新湯コース分岐
を直進
栗駒山が近づいて
きた
階段状の石の道
になる
左からの中央コース
と合流し右に登る
山頂手前
森 森 森 森 森 森
賑わう山頂
山頂にて 下山は中央コース
を下る
歩き易い下山道 一面の紅葉 ナナカマドの実
森 森 森 森 森 森
下山道から山頂を
振り返る
須川コースを歩く
登山者
歩き易い下山道 保護地区看板前にて 紅葉の中の下山道
森 森 森 森 森 森
これから登る登山者
一面の紅葉 団体登山者と
すれ違う
下山後くりこま荘
にて入浴
帰途に観た行者の滝
の解説
濁っていた行者の滝
山頂から中央コース方面パノラマ 下山道から見た栗駒山〜東栗駒山パノラマ 下山道から見た虚空蔵山〜栗駒山パノラマ



写真をクリックすると大きくなります
sl sl sl sl sl
東日本大震災慰霊
祈念碑
松島の海 五大堂
透橋(すかしばし)
5大堂 海岸護岸壁からの
五大堂
sl sl sl sl sl
瑞巌寺の由来 瑞巌寺の総門 瑞巌寺の参道 延命地蔵 瑞巌寺洞窟

HOME